田中 視英子(たなか みえこ)

連絡先

E-mail: miekotanaka@rs.tus.ac.jp(SPAM対策の為アットマークは全角です)

研究分野

変分的手法を用いた偏微分方程式の解の存在

研究内容

最近は主に p-Laplacian や (p,q)-Laplacian を一般化したような楕円型作用素を持つ準線形楕円型方程式の解の存在(特に、非線形固有値問題に関連した問題)について研究を行ってます.

主要論文・著書・学会発表

詳しくは東京理科大学のホームページ内の論文・学会発表 http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/achievement.php?3883 をご覧ください.

卒研・院生の指導内容

  • 卒研では基本的には学生が選んだ本をセミナー形式で読んでいます.

2014年度:「不等式への招待」、「非線形関数解析学」 2015年度:「微分方程式の解法と応用」,「Calculus of Variations and Partial Differential Equations」 2016年度:「不等式」,「ヒルベルト空間と量子力学」,「関数解析」

  • 現在, 院生の指導は行っておりません.

担当科目(年度により変動)

  • 解析学の基礎,1変数の微分積分,多変数の微分積分 (数学科1年生 B 組)
  • 関数解析1(数学科3年生)
  • 数学研究1 (数学科3年生 E 組)
  • 解析学 3 (数学科4年生)

学部学生へのメッセージ

学部1、2年生で学ぶ内容は大学での数学学習にとって必須の重要なものばかりです.最初は大変かも知れませんが, 何事も基本が大切ですので勉強したいことや知りたいことを理解するためのハードルだと思って頑張って下さい.もちろん, 本業(勉強)以外にも今しか出来ないことを色々と行なったり体験することも忘れずに!充実した学生生活を送って下さい.

高校生へのメッセージ

大学で学ぶ数学では論理的思考力が大切となってきますので, 常に自分がしっかりと理解できたと思えるように(確認しながら)勉強して下さい.また数学では基本的に全ての結果に証明を与えないといけませんが, このことは自分が正しいと思うことを客観的に理解できる言葉で説明することと同じです.このため、他の人に自分の考えていることや思っていることなどを自分の言葉で正しく伝えることも大切になってきますのでコミュニケーションも大事にして欲しいと思います.色々書きましたが、数学を学ぶ上で大切なのは数学を好きになって楽しむことが一番だと思いますので楽しんで勉強して下さい.