板垣 智洋(いたがき ともひろ)

研究分野

代数学/多元環の表現論

研究内容

有限次元多元環のホモロジーと巡回ホモロジーの加群構造について

主要論文・著書・学会発表

  • (with Katsunori Sanada), The dimension formula of the cyclic homology of truncated quiver algebras over a field of positive characteristic, Journal of Algebra 404(2014), 200-221.
  • (with Katsunori Sanada), Notes on the Hochschild homology dimension and truncated cycles, Archiv der Mathematik 103(2014), 219-228.
  • On the cyclic homology of an algebra associated with a cyclic quiver and a monic polynomial, Communications in Algebra 43(2015), no.8, 3472―3497. 
  • On the Hochschild (co)homology of a monomial algebra given by a cyclic quiver and two zero-relations, Communications in Algebra 45(2017), no.5, 2052―2073.

担当科目(年度により変動)

  • [1年] 線形代数学2演習(後期)
  • [2年] 代数学2演習(後期)
  • [3年] 数学研究2(後期)
  • 代数学研究(2部)

学部学生へのメッセージ

大学では新しいことをたくさん学ぶと思いますが、最初は分からないことが多々あると思います。復習するときには、理解している部分と理解していない部分をよく確認して、確実に理解していくといいと思います。

高校生へのメッセージ

見方を変えてみようという意識を持って勉強すれば、より理解が深まるのではないかと思います。